Sa Sa Ru Music

ピックアップしたアーティストのレビューを中心に

vol.26 もうすぐ新アルバム!「The Killers」Part1

どうも、キリハラです。

 

今回は、ラスベガス出身キラキラ系スペースポップ、The Killersの紹介。

 

www.universal-music.co.jp

 

バンド名がバンド名なだけに、はじめメタル系のバンドかなと思っていたのだが、全く違ったという人も少なくないと思う。

 

さて、The Killersであるが、9/22に新アルバム「Wonderful Wonderful 」を発表する。

 

 

これが5thアルバムとなる。

 

前作「Battle Born」がなんと2012年(!!!)

というから、5年振りのアルバムとなる。

 

 

 

 

早い。早過ぎる。(時が経つのが)

 

The Killers これまでのアルバム

 

■2004年、1stアルバム「Hot Fass」でデビューしたキラーズ。

 

一曲目が彼らの永遠のアンセム、『Mr.Brightside」である。

 


The Killers - Mr. Brightside

 

その他、『Somebody Told Me』や『Smile Like You Mean It』等、

現在でもキラーチューンの曲が散りばめられている。

 

■2nd「Sam's Town」でも、『When You Were Young』 や『Read My Mind』や『Bones』が収録されている。

 

このアルバムはとても泥臭く、アメリカの砂漠とラスベガスの空気が感じ取れるものになっている。

 

アメリカの砂漠やラスベガスに、行ったこともないけれど。

 

■3rdアルバム「Days & Age」では、ギター色が少し減り、

『Human』や『Spaceman』 等のPOPな電子音が強くフューチャーされた楽曲が

発表された。

 


The Killers - Human

 

■そして前作「Battleborn」では、前作の良いところと2ndの泥臭いギターが上手く融合したアルバムになっており、『Runaways』や『Flesh And Bone』等、バランスの取れたキラーズのアルバムとなっている。

 


The Killers - Runaways

 

最新作「Wonderful Wonderful」

 

そして、最新作「Wonderful Wonderful」では、今現在4曲先行して発表されているが、

非常に期待できるものになっている。

 

アルバムと同名の楽曲『Wonderful Wonderful』は、ストリングスも交えながら、ブランドんの力強い歌声が今まで以上に感じられる楽曲となっている。

 

そして、『Run For Cover』では、『Spaceman』を彷彿とさせるLIVEで聴きたい盛り上がること必至の楽曲もあり、楽しみで仕方ない。

 

日本でのキラーズ

 

キラーズの特徴は、ロックバンドの基盤がしっかりしており、そこにシンセサイザーが心地良く添えられており、ボーカルであるブランドンの伸びのある歌声が絶妙なシナジーを起こしている。

 

ヘッドライナークラスのバンドであるし、楽曲もとてもキャッチーであるにも関わらず、日本ではなぜかいまいち評価されていない。

 

彼らは本当に良いバンドである。

 

日本で似ているバンドは無いと思われる。

 

是非来年フジロックのトリで見れることを願う。

 

以上。

 

 

 

 

 

vol.25 DiorのCM曲は誰が歌っているの?「SIA」Part1

どうも、キリハラです。

 

最近頻度高く見かけることが多いDiorのCMだが、使用されている曲は誰の曲か、

気になっている人も多いと思う。

 

これは「SIA」とい女性アーティストの『Chandelier』という曲である。

 


Sia - Chandelier (Official Video)

 

 

Chandelier

Chandelier

  • シーア
  • ポップ
  • ¥200

 

 

2014年発表のこの楽曲であるが、オーストラリア出身のプロデューサーもしている女性、シーアによって作られた楽曲である。キャリアは長く、41歳とのこと。

 

オーストラリア/アデレイド出身のシンガー・ソングライター。1997年にソロ・アーティストとしてデビューし、アルコール依存症や処方薬への依存症、双極性障害などに苦しみ、一時アーティストとして活動を休止したものの、近年ではリアーナ、ビヨンセケイティ・ペリーブリトニー・スピアーズクリスティーナ・アギレラカーリー・レイ・ジェプセンなど、数多くのトップ・アーティストの楽曲を手掛ける、ポップス界における最も重要なソングライターとして活躍。

 (Sony Music Japan SIAのプロフィールより引用:

プロフィール | シーア | ソニーミュージック オフィシャルサイト」)

 

金と黒の髪色が印象的な彼女であるが、昨年『Alive』とい楽曲の日本版MVを、女優の土屋太鳳が出演し、踊ったことでご存知の方も多いのではないだろうか。

 


Sia 『アライヴ feat. 土屋太鳳 / Alive feat. Tao Tsuchiya』

 

狂気に満ちあふれている。いや、イカれている。

そう感じさせる土屋太鳳氏は、すごいとしか言い表せない。

 

最後の指を咥えて、こちらを見つめる目は、闇しか感じない。

 

深い深い闇。狂気。何を考えているの。

 

すごいPVだ。

 

Alive

Alive

  • シーア
  • ポップ
  • ¥250

 

今後も要注目

 

女性アーティストというと、マドンナやケイティペリーをはじめとしたポップスターが目立ちがちであるが、こういう憂いも表現できるアーティストは貴重である。

 

■CMをきっかけに興味を持ち、聴き始める方も多いと思うので、私も彼女の楽曲をこれから聴き込んで、追ってレビューしたいと思う。

 

今回は取り急ぎ以上。

 

 

 

 

vol.24 仮説検証:ベボベは日本のエモバンド代表である「Base Ball Bear」Part1

 どうも、キリハラです。

 

ここで仮説を立ててみよう。

 

■日本のエモバンド代表は、

ベボベことBase Ball Bearであると。

 

Base Ball Bear

 

 

まず、エモとは何か。定義を記そう。

 

■エモとは・・・

「切ない、悲しみ、そしてやり切れない負の思いを絶望ではなく、歌声またはギターに乗せて表現する音楽である。秋の季節が非常に適している。」

《※独自解釈》

 

この定義をもとに、彼らの曲を聴いてみよう。

 

エモそのものである。

 

以前Finchを取り上げたとき、彼らは「エモそのもの」と書き記したのは記憶に新しい。

 

 

sasarumusic.hatenablog.com

 

 

Finchはエモ・スクリーモという認識は、ほぼ共通であるが、

Base Ball Bearは違うのではないだろうか。

 

『BREEEEZE GIRL』は一聴爽やかなポップバンドのそれであると思われがちだが、

それは違う。

 


Base Ball Bear - BREEEEZE GIRL

 

 何か負い目というか、ネガティブな感情が音に乗っている。

これが意図的なのか、そうでないかは勉強不足で恐縮であるが、わからない。

 

 

『 抱きしめたい』

 


Base Ball Bear - 抱きしめたい

 

説明不要だろう。もうエモ過ぎる。

 

唇を湿らせるくらいのことが

この胸締め付けるよ

抱きしめたい

 

 

エモい。これはエモだ。

 

アルバム「17歳」に収録されている曲であるが、その他の曲もエモい。

 

 

十七歳

十七歳

 

 

 

おそらくこれらの楽曲に憂いの要素がなく、

スピード上げたらこれは青春パンク〔メロコア〕になるのであろう。

 

 と、書いてきたものの、私自身まだこのバンドの多くは知らない。

1stアルバムから3rdアルバムまでしか、聞いていない状態であることは

お伝えしておきたい。

 

今後、4th以降も聴いていくので、それはまた追って取り上げていきたい。

 

以上。